塗装工事の現場レポート

福岡県大野城市御笠川 Y様邸 屋上防水工事③

中塗り防水工事

 2021年12月12日

引き続き

福岡県大野城市御笠川 Y様邸 屋上防水工事です

中塗り作業をします。

今日は防水工事の必要性についてお話します。

そもそも住宅含めて建物は、建築してから新品の状態で10年20年と利用できる訳ではありません。

見た目では、多少の汚れ以外に大きな変化を感じるところは少ないですが、細かな部分や内部では一定の劣化が発生しています。

どんなに良質な素材を使用して、高品質な住宅が出来上がったとしても経年劣化は避けられません。

そして建物の劣化は、外壁のひび割れやシーリングの破損、木材の腐食など様々な事象が発生して、防水層の劣化も同じです。



防水層とは、防水加工が施された層のことで、屋上や外壁・屋根など主に外に面する場所で防水加工されます。

住宅には大きく分けて、一戸建て住宅とマンションやアパートの集合住宅の2種類で考えることができます。



マンションやアパートは屋上を設けていますが、一戸建て住宅の多くは屋上ではなく屋根になっていることでしょう。

屋根の役割は、雨や風・温度や音・火事など様々な事象から住んでいる人を守るためにあります。

屋根には様々な役割がありまして、もし屋根の防水工事が必要な事態になりますと、どのような被害が発生するかご説明します。

例えば屋根瓦にひびが入りますと、そこから雨水が侵入します。

雨水が内部に侵入しまして雨漏りや部材の腐食などに繋がります。

特に雨漏りは代表的な被害です。

屋根や屋上は防水工事と結びつきにくいイメージもありますが、実際は防水工事の適用範囲内になっています。

ですから、屋根に何らかの劣化が見られた場合や、雨漏りなどの被害がありましたら防水工事を頼みましょう。

対応エリア

対応エリア

佐賀県全域対応

当社ではお問い合わせ頂いて、迅速に対応できるよう対応エリアを佐賀県内とさせて頂きます。下記の各地域の実績は多数ございますので現場案内も可能です。

  • 佐賀市
  • 神埼市
  • 神埼郡
  • 三養基郡
  • 鳥栖市
  • 小城市