外壁塗装・屋根塗装のオススメ塗料!

プレマテックス タテイルアルファ

 2021年4月6日

プレマテックス タテイルアルファ

カビ・コケを防ぎ、雨水でセルフクリーニング。

タテイルアルファは空気中の水分と反応して、塗膜の表面に「シラノール層」を形成します。この層はカビ・コケをシャットアウトする機能があります。

また、水に馴染みやすい性質があり、雨が降ることで汚れを洗い流し、キレイを保ちます。

<屋外にて一年間の比較試験を実施>

左側はフッ素樹脂塗料を塗布。
右側はタテイルアルファを塗布。

高性能塗料であるフッ素樹脂塗料でも雨筋汚れが付いてしまいましたが、タテイルアルファは塗装後の綺麗な状態を維持しています!

比較試験

紫外線に強い!

塗料に含まれる酸化チタンは、紫外線と反応して「ラジカル」を発生し、塗料樹脂を破壊してしまうという欠点があります。この問題を克服するのが「ラジカル制御系」塗料。ラジカル制御も各社様々な技術を開発していますが、タテイルアルファは5つのステージコントロール技術で、高いレベルでのラジカル封じ込めに成功しています。

ラジカル制御をしていない塗料

ラジカル制御をしていない塗料

5つのステージでラジカルを制御

5つのステージでラジカルを制御

その実力は、紫外線耐久試験において、ウレタン樹脂塗料の約2.9倍、シリコン樹脂塗料の約2倍、フッ素樹脂塗料の約1.3倍の耐用年数が実証されています。外装を劣化させる原因は主に紫外線ですので、圧倒的に長く持つ塗料ということになります。

長い目で見ると圧倒的な低コスト!

タテイルアルファは高性能な塗料ですので、一時的なコストは割高になってしまいます。しかし、割安な塗料は耐用年数が低いため、短期間での塗り替えが必要となります。塗料代だけでなく、足場代・人件費も考えないといけませんので、塗装のコストは長期的な視点で考えた方が、最終的に安くつくことになります。

塗り替えコスト

優れた弾性で、シーリング面への塗布を可能に!

シーリング(コーキング)とは、目地材のことです。弾力がありますので住宅の揺れに対するクッションとなり、雨水の浸入を防ぐ役割があります。

塗料には硬くなってしまうタイプのものも多く、こういったものはシーリング面に塗布することはできません。塗装面とシーリング面で色が違ってしまったり、シーリング材の耐用年数が低ければ塗装面が傷む前に補修が必要になってきます。

<塗膜の弾性試験>

シーリング材へ塗布し、負荷を加えた実験では、一般無機系塗料ではひび割れが起き、タテイルアルファにはひび割れはありませんでした。

塗膜の弾性試験塗膜の弾性試験

このように、タテイルアルファは優れた弾性を持っていますので、シーリング面への塗装が可能です。外観がスッキリ統一できますし、シーリング材を保護し、その寿命を延ばすことが可能です。

この優れた弾性は、シーリング面だけでなく外壁材の上でも発揮され、ご自宅を丸ごとひび割れから守ります。

対応エリア

対応エリア

当社ではお問い合わせ頂いて、迅速に対応できるよう対応エリアを福岡市と福岡市近隣とさせて頂きます。下記の各地域の実績は多数ございますので現場案内も可能です。

  • 福岡市
  • 大野城市
  • 春日市
  • 那珂川市
  • 太宰府市
  • 筑紫野市
  • 糟屋郡
  • 古賀市
  • 福津市
  • 宗像市
  • 前原市
  • 糸島市
  • 小郡市